クラミジアは疲れていると重篤も医者からジスロマック

性病には淋病、梅毒、エイズ、コンジローマなどいろいろありますが、10~20代の若い男女によくみられ、感染者の数が増加しているのがクラミジアです。

クラミジアは以前は目によくすみついていたのですが、最近ではインフラが整ったため、風呂に入るなどして体を清潔に保てるようになったためめったに見られなくなりました。

しかしクラミジアは男女の性器にはすみついておりディープキス、フェラチオ、オーラルセックスなどの過激な性行為にによって感染、繁殖するようになりました。

男性器にクラミジアがすみついており、それを女性の口でなめたり、しゃぶったりするフェラチオという性行為をすると女性の口の中にクラミジアがばら撒かれることになります。

すると咳、痰、のどの腫れのような風邪の症状に悩まされ、疲れがひどかったり、抵抗力が落ちていると肺炎になることもあります。

それらを治療しようと医者にかかっても、そもそもクラミジアの最近を殺す治療を受けないと治りません。

ジスロマックという薬は1度のめば、1週間効果が期待できる画期的な薬です。これまでは1日に複数回のんだり、長期間のまないと効果が期待できませんでしたが、ジスロマックであれば1度ですむのでのみ忘れることもなくクラミジアの2次感染を防ぐことができます。

クラミジアは放置していても治ることはありません。

女性ならクラミジアの菌が膣から、子宮へ侵入、さらに奥に侵入することによって、将来的に妊娠できない体になる恐れもあります。

また胃や腸に侵入すると我慢できないぐらい、痛みが起こることがあるかもしれません。

クラミジアに感染したと思ったら、すぐに適切な治療を受け、治すことが大切です。

©2016 試してみよう、ジスロマック. All Rights Reserved.